【お勧め映画】「パンターニ 海賊と呼ばれたサイクリスト」

パンターニ 海賊と呼ばれたサイクリスト [DVD]伝説のサイクリストであるマルコ・パンターニの人生を描いたドキュメンタリー映画です。マルコ・パンターニを簡単に説明しますと、イタリア出身のプロ自転車ロードレース選手で、1992年には世界的なロードレース大会「ツール・ド・フランス」「ジロ・デ・イタリア」の両大会で総合優勝しています。題名にもついている「il Pirata=海賊」というのはパンターニの愛称で、他にも「走る哲学者」や「ツール最強のヒルクライマー」などと呼ばれていました。

ちなみに前回のブログ記事で世界最高峰のプロロードバイクレースであるツール・ド・フランスにおけるドーピング事情を赤裸々に告白した「シークレット・レース―ツール・ド・フランスの知られざる内幕」(以下シークレット・レース)について紹介させていただきました。

シークレット・レースを読んだ後、僕はツール・ド・フランスに興味を持ちまして、YouTubeで過去のツール・ド・フランスの映像を探して、見始めました。見出してみると、めちゃくちゃ面白い!!当時YouTubeにアップされている日本語解説のツール・ド・フランスの映像は全て見たと思います。知識ゼロスタートから見始めても本当に面白いんです!騙されたと思って一度見てみてください!!多分同じレースを何度も見返す事になりますから(笑)。それくらいハマるんです!

そんな過去レースを何度も見返していると1人の選手に魅了されはじめ、気づいたら完全にその選手のファンになっていました。その選手の名前は、上記タイトルにも書かれている「マルコ・パンターニ」。もうとにかくカッコいい!!YouTubeで見つけられると思うので、とにかくまず「ツール・ド・フランス1997」の第13ステージと第15ステージを見てください。最高です(ツール・ド・フランスを見たことがない人からしたら「~ステージ?」といった感じだと思うのですが、何本か見れば理解できるので安心してください)。彼はクライマー(=上り道が得意な選手)で、トレードマークであるスキンヘッド姿で山を駆け上がっていく姿は本当にかっこいいです。映像を見終わった時には「ツール最強のヒルクライマー」は間違いなくパンターニだと分かると思います(笑)。

最初の段で書きましたが、パンターニは1998年に世界的な自転車ロードレース「ツール・ド・フランス」「ジロ・デ・イタリア」でダブルツールを獲得して、彼の自転車人生のピークを迎えます。しかしながら、その後ドーピング使用疑惑で、マスコミや人々の好奇な目にさらされ、パンターニ人生は暗転していきます…。実際にメディカル検査にも引っかかったみたいですし、シークレット・レースを読む限り、多分パンターニはドーピングを使用していたのだと思います(本人は最後まで否定)。僕がこの映画や他のエピソードを見聞きした中での、パンターニの印象は「とてもセンシティブで繊細な人」です。実際にマスコミ嫌いで有名だったようですし、ドーピング疑惑の渦中に置かれ、常に人々から疑惑の目を向けられる事は、繊細な彼には耐えられなかったのは容易に想像できます。2004年、イタリアのホテルで上半身裸の姿で床に倒れ死亡しているのが発見されます…。当初、死亡原因は自殺とされていましたが、後にコカイン中毒によるオーバードースが死亡原因だったと発表されました。享年34歳。

本当にマルコ・パンターニはカリスマ性があります。実際に死後もイタリアを中心に世界的に爆発的な人気があるのですよね。そんなマルコ・パンターニの自転車人生を描いた今回の映画は全てのサイクリストに必見の1本だと思います。