【お勧め本】「いちばんやさしいWordPressの教本 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 第3版」

いちばんやさしいWordPressの教本第3版 人気講師が教える本格Webサイトの作り方 (「いちばんやさしい教本」)Webサイト作成で有名な「WordPress」についての教則本です。当ブログ「本LOVE.COM」もWordPressで作成・管理しているのですが、この本の通り進めたら、半日で大体のデザインが出来上がりました。僕はWordPressに限らず、WIXなど他のWEBサイト作成の教則本を今までに何冊か読んだことがあるのですが、これはトップクラスに分かりやすく簡潔に説明されている良書です(ちなみに僕は読んでないのですが、第1版&2版も評価高い良書みたいですね!)!

本通りに作成すれば、コンピューターに詳しくない方でも作成できるはずです。僕のケースでは、「設定や大まかなデザインは本通りに作成 → 細かいマイナーチェンジしたい部分(画像のサイズ変更など)はネットからの情報を基に作成」しました。トータルで合わせても、8時間くらいで作成できたと思います。つまずいた部分はほとんどなかったです。

たまに「自主制作でのWordPress作成を試みたが、途中で諦めた」という意見を聞くのですが、考えられないです。むちゃくちゃ簡単です!推測ですが、そのような人はネットで誤った情報を拾って作成して混乱、またはやたら難しく書かれている教則本を読んで挫折といった感じが多いかと思います。上記に書いた通り、僕もネットから情報を得ることもあるのでよく分かるのですが、ネット情報はとても有益な情報がある一方で、誤った情報も多く見受けられます。間違った情報で一回進めて設定を変更などしてしまいますと、かなり混乱します。WordPressでは幸いあまり経験ないのですが、僕も他のツールではそんな経験多くあります(笑)。もちろんネット情報のみで作成できる方も多いと思いますが、個人的なお勧めは「信用ある教則本購入&気になる部分はネット情報で拾う」STYLEです。&信用できる情報を発信している方のブログやWEBサイトを見つけたらbookmarkしておくこともお勧めします!

注意点をあえて書くと、本書はWordPressのテーマ(サイトデザインのテンプレートのようなもの)は「Lightning」、レンタルサーバーは「さくらインターネット」での作成をベースに書かれていることですかね。ただ、各テーマやレンタルサーバーは特徴の違いはありますが、基本的な作成方法やルールは一緒なので、仮に上記条件でサイトを作成できれば、他のテーマやサーバーでの作成もできるはずです。実際、僕も別のテーマでの作成もしましたが、全然問題なかったです。

あと本書はあくまでWordPress初心者の人向けの教則本です。アーティスティックなデザインのサイト作成やアドバンスな機能の使い方などは書かれていないので、そのような情報が欲しい方は購入を控えられた方が良いかと思います。